ガレージハウス関連情報

HOMEガレージハウスの建築費

最終更新日:2017/09/08

ガレージハウスの建築費

住宅地

ガレージハウスも一般的な住居と同じく、3000万円以上するものから700万円程度のものまで様々な価格設定があります。では、ガレージハウスの建築費がどの様に決まるかについてご説明しましょう。まず、ガレージハウスを建てる際には、ガレージに取り付けるシャッター代金が必須になします。「お金がかかるならシャッターはいらない」と、お考えの方も防犯面を考えるとシャッターを取り付けることをオススメします。シャッターを手動のものにするか、リモコンやボタンで作動する自動のものにするかでも、シャッターにかかる費用は変わります。
また、ガレージの中に取り付ける、電球も買い揃えなければなりません。電球をオシャレなものにすると、少し値段がかかる可能性もありますが、せっかくのガレージですから細部までこだわった方が、あなただけのガレージが出来上がります。ガレージは車やバイク・サーフィン用品等を置き、家の中ではできない作業を行う場所です。そのため、車のエンジン音や、ガレージ内での作業音は、家の中にダイレクトに伝わります。
ガレージで大きな音で作業をしていると、シャッターを閉めていても近所まで音が伝わり近所迷惑になることもあります。そういった「音」に関する対策をおこなうためには、壁を「防音」に優れたものにしておくと良いでしょう。ガレージハウスは一般的な家よりも壁にもこわらなければいけません。ガレージハウスを建てるためには比較的広い土地の方が必要になります。そのため、ガレージハウスを建てる前には、大きめの土地を購入する資金も確保しておきましょう。
車を2台置く場合は、さらに広い土地が必要となります。「お金がないからガレージは小さめでいいや」と考え、車がガレージにジャストフィットするように作ると、車の開閉や停車させるときに困ることになります。ストレスなくゆとりを持ってガレージに車を停めるためにも広めの土地が確保しましょう。ここまでご説明すると「ガレージハウスを建てるのって費用もかかるし大変だな」と、お思いの方もいますよね。
ですが、ガレージハウスは、作業場所・駐車場・倉庫の役割を一手に担ってくれるため、コストパフォーマンスの高い物件でもあります。月々、駐車場代金2万円・倉庫代1万円かかり35年借りると、合計1260万円という多額のお金が必要となります。そう考えると、作業場所・駐車場・倉庫を担っているガレージハウスは、決して高い物件ではないことがわかります。

一覧はこちら

ガレージハウスランキング

TOP