ガレージハウス関連情報

HOMEガレージハウスの間取り

最終更新日:2017/09/08

ガレージハウスの間取り

大きな家

ガレージハウスを購入する際に「ガレージが住居にどういう形で隣接するのか」「ガレージがある間取りってどういったものか」といった疑問が浮かぶ方が多いでしょう。ガレージがある間取りについてご説明していきます。まず、ガレージハウスの間取りを決めていく際に、考慮しなければならない点は「ガレージの大きさ」です。「ガレージの大きさ」を決めるために、ガレージに何台車やバイクを停めておくか、趣味の作業スペースはどれぐらいの広さが必要か、といったことを吟味していきましょう。
ガレージに置くものや作業するスペースが決定したら、ガレージ自体の大きさがわかります。購入する土地に照らし合わせて、ガレージの大きさを決定しましょう。1階全てをガレージにする場合は、2階に繋がる階段の位置や、階段をらせん階段にするのか、上りやすさを重視した階段にするのか、といったことを決めなければなりません。1階の半分をガレージにする場合は、もう半分の住居スペースの間取りを決めましょう。
ガレージをガラス張りにする場合や、住居スペースからガレージに置いてある車・バイク・コレクションを眺める場合は1階部分に、ダイニングやリビングを持ってくると良いでしょう。リラックスしながら、自慢の愛車やコレクションを眺めることができますよ。1階にリラックス空間を持ってくる場合、トイレも1階にあると便利ですね。1階をガレージで全て使い切る場合は、2階にリビング・ダイニング・お風呂・トイレ・寝室等の住居スペースを作らなければなりません。ガレージの様子がわかるように、床を1部分だけガラス張りにしても、おもしろいですよ。
1階の半分に住居のスペースを持ってきた場合は、2階を広く利用することができます。 ガレージ付きの住宅の間取りは無限大にあります。あなたのご家族の構成を考えたときにどういった間取りが1番良いかを考えてみてください。「ガレージをガラス張りにすると落ち着かない」といった声が、家族から上がるとガレージに隣接した壁をガラス張りにすることは難しくなります。そういったときは、ガレージに隣接した位置に、自身の部屋を作り、自分の部屋に窓やガラス張りのスペースを作りましょう。
自室からからコレクションや愛車を眺めることができる間取りすると、ガレージ付きの住宅を満喫できますよ。2LDKや4LDK等、ガレージ付きの住宅を購入するのですから、ガレージの特性や良さを最大限に発揮した間取りでガレージのある生活を楽しんでくださいね。

一覧はこちら

ガレージハウスランキング

TOP